秋田県の山間の小さな村の地籍図です。特徴は江戸期の絵図の名残りとして、屋敷地を建物の屋根と樹木をイラスト的に表現しています。