絵図の里帰り

絵図・古図の中に「信濃國筑摩郡二子村」奈良井川護岸工事絵図があります。実のところ、この絵図は現在手元にはなく、長野県松本市文書館に保管されています。

平成28年8月、弘前大学の上條先生から電話がありました。お話では、ご自身が所有する古文書と私が所有する絵図の出所が同じであるとのことでした。

松本市は先生の故郷。地元には江戸期の資料がほとんど残っていないそうで、ぜひとも松本市文書館に寄託してほしいと要請されたのです。

当WEBサイトで絵図を公開していた縁で絵図と古文書が繋がり、史料価値が高まるとともに、地元へ里帰りが果たせることとなりました。

前の記事

膳所藩士の住所探し

次の記事

西教寺と坂本城跡