254年前の井神通り

以前『根本中堂との奇妙な関係』で掲載した坂本街路図の一部写真は「井神通り」ではなく、延長線上の「日吉馬場」でした。正確に表現すると、石占井神社から生源寺までが「井神通り」です。申し訳ありません。

この通りには日吉大社の一の鳥居が大神門神社の横にあります。明和四年の「山門三塔坂本総絵図(国立公文書館所蔵)」にも描かれています。

日吉馬場の入り口に二の鳥居があります。一の鳥居と二の鳥居を描いた明和四年絵図(1767年)です。254年前の井神通りをお楽しみください。